サロンやクリニックでメンズ脱毛をするペースはどれくらい?

メンズサロンや医療系クリニックで、脱毛をする男性が増えています。実際に、ある程度の規模の街にはそういったサロンやクリニックが軒を連ね、賑わいをみせているのです。男性が自分の身だしなみに気を使い、第一印象を良くすることは当たり前になりつつあります。では、サロンやクリニックには、どれくらいのペースで行って施術を受ければよいのでしょうか?

男性が脱毛をするようになった理由とは?

近年メンズサロンや医療系クリニックの出店が相次ぎ、利用者が増えていることには理由があります。それは、日常生活や出会いの場で、外見がものを言う場面が多くなったからです。かつては、「男は中身で勝負!」「外見なんて気にしない!」こういった男性もいたものですが、現在は違ってきているのです。

外見を意識しないと、だらしない人だと思われてしまいかねません。また、現実的に外見の良い人は、いろいろな面で有利でもあるのです。たとえば、サービス業では外見の良さが大きな武器になります。同じ物を買うとしたら、できれば身だしなみの整った人から買いたいものですよね。

そしてもちろん、恋愛において外見は特に重要なポイントです。身だしなみがよくないと、中身で勝負する前に、付き合っても貰えない可能性が出てきます。最近はインスタグラムなどで、カップルが自撮りをし、SNSにアップするようになりました。

こういった時も、やはり身だしなみが整っていた方が評価が上がります。

脱毛にはいろいろな方法があることを知っておこう!

ひと口に脱毛と言っても、色々なやり方があるのです。まず、医療系クリニックでしかできない脱毛方法に、レーザー脱毛と電気針脱毛があります。これらの脱毛方法は永久脱毛で、医療機関でしか行えません。メンズサロンでは、フラッシュ(光)脱毛を施術します。

この脱毛はレーザーよりも弱い光を使うので、回数が多くかかります。また、自宅でできる脱毛方法に、ブラジリアンワックスを使用する脱毛があります。これはサロンなどでも行いますが、自分でもできます。レーザー脱毛は、ムダ毛のある部位にレーザー光線を当てて行います。

レーザーは黒い色に反応するので、メラニン色素の濃いムダ毛に効果があります。その反面、薄い色の毛には思ったほどの威力を発揮しないことがあります。電気針脱毛は、ムダ毛の一本一本に直接針を挿入し、電気を流して脱毛します。

毛の色が薄くても大丈夫ですが、強い痛みを感じることがあるので注意が必要です。光脱毛はレーザーよりも熱量が低いので、痛みが少なく肌にも優しい脱毛方法です。しかし永久脱毛ではないので、やがてまたムダ毛が生えてくることを覚えておきましょう。

ブラジリアンワックス脱毛は手軽にできる脱毛方法ですが、肌には優しくありません。

毛周期ってなんだろう?

ムダ毛の脱毛は、ある程度の期間をあけて施術を受けます。なぜかというと、毛には毛周期というものがあり、脱毛もこの毛周期に合わせて行わなければならないからです。毛には次のような周期があります。・成長期・退行期

・休止期このうち、脱毛の効果があるのは成長期の毛だけになります。成長期の毛母細胞は活発に活動していて毛の色が濃くなり、レーザーや光によく反応しますが、退行期や休止期の毛は細くて色も薄く、レーザーや光があまり反応しません。

このため、脱毛するのは成長期の毛だけということになるのです。

成長期にある毛は全体の5分の1と言われているので、少なくとも5回は脱毛を受けなければなりません。

毛周期は人によって長さが違いますし、脱毛する部位の毛の濃さも脱毛をするペースに影響するので、担当施術者とよく相談をしましょう。

また、どのくらいのレベルまで脱毛をするのかでも、脱毛のペースと回数が違ってきます。完全にツルツルになるまで脱毛するのか、とりあえず毛が薄くなればよいのか、希望をしっかり担当施術者に伝えましょう。脱毛には時間とお金がかかるものです。

無駄な時間とお金をかけないよう、担当者とのコミュニケーションが大事なのです。

部位別メンズ脱毛の標準的なペースを確認しよう!

男性がムダ毛の脱毛をしたいと考える部位には、次のような場所があります。

・ヒゲ

・腕

・すね

・VIO(ビキニライン)

・胸

・背中これらの部位は、それぞれ毛周期が違います。また、毛の密集具合とか、色の濃さも違うので、脱毛するペースが変わってきます。個人差があるのでおおまかになりますが、それぞれの標準的な施術のペースを見てみましょう。

ヒゲは男性の毛の中でも毛周期が短く、体毛の半分くらいの期間になります。一般的には2か月ほどの毛周期だと言われています。腕とすねは毛周期が長く、半年以上かかります。VIO(ビキニライン)はさらに毛周期が長く、1年近くになります。

胸や背中も半年以上かかると思っておきましょう。つまり、最短でも2か月は施術を受ける間隔をあける必要があるのです。

医療系クリニックのメリットとデメリット

医療系クリニックで脱毛をする場合のメリットとデメリットは次のようになります。

メリット

・永久脱毛を行える

・施術回数が少ないので、トータルの期間が短い

・医療機関なので術後のトラブルにも対処してもらえる

・炎症や痛みがあれば薬を処方してもらえる

デメリット

・強いレーザー光線や針脱毛には痛みが伴うことがある

・料金が高い永久脱毛は医療系クリニックでしか受けられません。ムダ毛に効果のある強いレーザーは、クリニックに通う回数を少なくしてくれます。たとえば、ヒゲ脱毛の場合だとだいたい5回ほどで終了します。施術ペースは2か月に1回くらいなので、1年以内に終わることもあるのです。

また、施術後に痛みが出たり、炎症が起きたりした時には痛み止めや炎症を抑える薬を処方してくれます。医療機関なので安心して脱毛してもらえるのは大きなメリットです。しかしその反面、1回ごとの施術料が高い傾向にあります。

レーザーが強いので、痛みが大きくなるのもデメリットです。

メンズサロンのメリットとデメリット

メンズサロンで脱毛をする場合のメリットとデメリットは次のようになります。

メリット

・料金が比較的安い

・痛みが少ない

・様々な割引がある

デメリット

・半永久脱毛である

・回数がかかり、長い期間が必要になる

・施術後のトラブルに弱いメンズサロンの光脱毛は、レーザーよりも弱い光線なので肌に優しく、痛みが少ないという特徴があります。また、一般的に医療系クリニックよりも安い料金で施術を受けられます。お店ごとの割引が多く、上手に使うことでかなり費用を抑えられます。

しかし光脱毛の弱い光線は、脱毛効果が小さいというデメリットがあります。このため、施術回数がかかり、トータル期間が長くなってしまいます。これは早く完了したい人には大きなデメリットだと言えるでしょう。メンズエステは医療機関ではないので、施術後のトラブルがあった時に薬を処方できません。

これも心配になるポイントですね。